--/--/-- --:--

スポンサーサイト

    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/17 22:53

イノダコーヒ

    
イノダコーヒは京都に古くからある老舗の喫茶店です。
お勧めは三条支店。大丸の地下にあるイノダコーヒ四条支店もよく行きますが、ゆったりとすごしたい時は三条支店の方がお勧めです。


 三条支店はお店の真ん中に円形のカウンターがあり、カウンターの中でキビキビと働くウエィターさんを眺めているだけでも気持ち良い空間です。

ホットコーヒーを頼むと「ミルクとお砂糖は入れますか?」と聞かれます。
イノダコーヒでは創業当時(1940年!)からミルクと砂糖を入れて出しているそうです。

京都に行ったら是非イノダコーヒのホットコーヒーとサンドイッチを試してみてください。

P1010142_R.jpg
スポンサーサイト
2006/04/27 22:29

番茶

    
京都を出るまでずっと「お茶」=番茶でした。 それは自分だけがそうだということではなくってゆるぎない真理だと思ってました。 緑茶、紅茶、烏龍茶、ほうじ茶、麦茶、玄米茶、そしてお茶。 今では烏龍茶、とりわけサントリーの烏龍茶よく好んで飲んでますけど久しぶりに番茶を買いました。 寺町通二条上ルにある「一保堂茶舗」のいり番茶です。 P1020053.jpg
番茶は緑茶と比べるとタンニンは多くカフェインは少ないとぉ~っても健康にいいお茶です。いり番茶は「京番茶」とも呼ばれ、京都では普段使いのお茶として親しまれているお茶です。 通常はヤカンにたっぷりのお湯を沸騰させて、火を止めてからふたつかみ程度いれて15分くらい置いといてからお茶っ葉を取り出します。 P1020069.jpg
ホントは別の容器に移し替えたほうがいいんですけど実家では「お茶専用」の任を受けたやかんがあるので番茶の香りがもう染み込んだ専用やかんなので別の容器には移したりはしないんです。 香りはとってもスパイシーで慣れていない人には「焚き火」「たばこ」の匂いに感じるらしいです。 ええ匂いなんですけどねぇ。 味はさっぱりしててなんぼでも飲めます。 よろしおすえ~P1020070.jpg
2006/04/23 23:56

畏美畏美母白須(かしこみかしこみもまをす)

    
今週末は友人の結婚式に出席するために京都に帰ってました。 式は平安神宮で神式の結婚式。 新郎は紋付袴、新婦は白無垢に綿帽子です。 P1020035.jpg
朱塗りの門をくぐるとなぜだか大量の椅子が設置されてます。 藤井フミヤのコンサートが平安神宮でされるそうです。 受付の巫女さんに「○○家です」と告げると親族控室に案内されます。結婚式は新郎新婦ともに20人弱の人数で全部で40人弱。その中で親族ではないのはそれぞれ4~5人だからかなり少数です。 式は控え室より朱塗の回廊を進んで鏡が祭られている神楽殿(儀式殿)で行いました。 神主さんが祝詞を奏上し、雅楽が演奏され三献の儀(三々九度)があります。 その後、玉串(葉っぱの付いた木の枝)を新郎新婦がご神前に供えてその後は親族盃です。 親族ではないものの末席で盃に神酒を注いでもらいいただきます。甘口で美味しかったです。 その後はお庭でじっくり写真撮影。 新郎新婦ともに美男美女だから写真栄えします! アップの写真ではないけどこんなシルエットです。 P1020043.jpg
そして新郎新婦は人力車に引かれ町を巡回します。 観光客に拍手とフラッシュで迎えられます。 P1020049.jpg
いやー神社での結婚式もなかなかのもんでした。 周りの景観では教会での結婚式以上でした。 ちなみに平安神宮で式を挙げたい人は一年以上前に予約しないとできないそうですのでお早めに!
2006/02/03 00:10

生まれた場所

    
僕は京都の“帷子ノ辻(かたびらのつじ)”という所で生まれ2歳くらいまでそこにいたそうです。 その後市内の別の場所へ引越しをしたのでさすがに生家の記憶は全くありません。 帷子ノ辻は太秦の近くにあります。“東映太秦映画村”が近くにあって時代劇の撮影などが時折あるそうです。 今年の正月に初めて帷子ノ辻に行って来ました。 四条大宮から嵐山を結ぶ嵐山線、北野天満宮まで行く北野線、嵐山線と北野線を結ぶ京福線のターミナル駅です。 とはいっても京福電鉄は単線(ときどき複線になるけど)の路面電車、料金は何処まで行っても200円!嵐山は阪急でも行けるけど京福だと路面電車の趣も味わえます、時間は少し余計にかかるけど。
2006/01/25 21:55

初詣

    
P1020039.jpgP1020043.jpg


例年は伏見稲荷に行っていましたが今年は八坂神社に行きました。
八坂神社で有名なのは“おけら参り”です。
大晦日の深夜、八坂神社に初詣をして、おけら灯篭の「御神火」の火を縄に受けてその火縄の火が消えないようにビュンビュン回しながら家に持ち帰り、新年の雑煮を炊く火に使い一年の無病息災を願うのです。
その日ばかりは四条通りは歩行者天国、電車も朝まで休まずに運行します。

とはいっても初詣に行ったのは2日でした。

たくさんの出店、屋台が出ています。
特に目に付いたのは“唐辛子”を売っているお店です。
写真にもあるように京都の伏見稲荷で売られている一味唐辛子は有名でそれがココ八坂神社でも売られているということでした。
P1020041.jpg

P1020044.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。